あきた光のファンタジー 11/27〜2/28
あきた光のファンタジー 11/27〜2/28

冬に咲く桜をイメージした樹木、天井から咲き乱れる藤の花をイメージしたエリア、ブラックライトで照らされ発光した線が織りなすアート空間など、エリアごとに様々なイルミネーションをお楽しみいただけます。

詳しくはこちら
フォトコンテスト 11/27〜12/25
フォトコンテスト 11/27〜12/25

イルミネーション点灯期間中になかいちウインターパーク公式SNSをフォローし、各エリアで撮影した写真にハッシュタグ「#あきた光のファンタジー」を付けて投稿しよう。

詳しくはこちら
優秀作品には豪華賞品をご用意!
大賞
50,000円相当の商品(1名)
エリアなかいち賞等
各賞6点
5,000円相当の商品(1名)
詳しくはこちら
なかいち新春まつり 1/2、1/3
なかいち新春まつり 1/2、1/3

新春をお祝いして、年明けうどんやお雑煮のふるまい、餅つき体験や運試し大おみくじ体験、お正月遊び体験など盛りだくさん。

会場/エリアなかいち にぎわい交流館、なかいち広場

詳しくはこちら
年明けうどん振る舞い
1月2日(土) 13:30~
100食限定※なくなり次第終了
お雑煮振る舞い
1月3日(日) 13:30~
100食限定※なくなり次第終了
餅つき体験
両日13:00~
運試し大おみくじ体験
両日11:00~
お正月遊び体験コーナー
両日11:00~
羽子板、だるま落とし、福笑いなど
詳しくはこちら
バレンタインウィーク 2/1〜2/14
バレンタインウィーク 2/1〜2/14

秋田のタレント「相場詩織」さんとのコラボレーションドリンク販売やバレンタインフォトパネルの設置などバレンタインムードを盛り上げます。
期間中、コラボレーションドリンクをお買い上げの方の中から抽選で3名の方に2月14日当日、相場詩織さんから手づくりチョコを直接手渡しでもらえます。

詳しくはこちら
アイスパーク 2/5〜2/14
アイスパーク 2/5〜2/14

毎年好評の氷柱花に加え、ハート型氷像や彫刻実演、数百のキャンドルによるキャンドルアートなどインスタ映えするスポットが勢ぞろいします。

詳しくはこちら
氷柱花展示
2月5日(金)~14日(日)
ハート型氷像展示
2月12日(金)〜14日(日)
10:00〜20:00
氷像出前彫刻&展示
2月6日(土)・13日(土)
両日11:00〜
キャンドルアート
2月13日(土)・14日(日)
両日17:00〜20:00
詳しくはこちら
戸嶋靖昌展 12/9〜1/10

初公開の大型作品を含む油彩画、彫刻作品約120点、戸嶋の撮影した写真や遺品など合わせて200点以上の資料の展観により、その画業の全貌を明らかにし、孤高の人物像を浮き彫りにします。

入場料一般:1,000円 高・大学生:800円
小中学生以下無料
会場秋田県立美術館
宇宙フェスタinなかいち 12/10〜12/13

2021年の干支「丑」をテーマに、いろいろなジャンルの作家30余人による展示会を開催。展示販売コーナーや12日(土)は詩人あゆかわのぼる氏と出展作家のものづくり対談も開催いたします。

入場料無料
会場にぎわい交流館 2階 展示ホール
ミュージカル竿燈物語 12/18〜1/30

竿燈祭りが「ねぶり流し」と呼ばれていた頃の話。提灯屋夫婦が絵付けをしているのを熱心に見ている陽太という子供がいた。主人の源吉が「提灯の絵には皆大事な意味がある」と講釈しながら絵を描かせてみるとなかなか筋がいい。陽太は孤児仲間と一緒に暮らし、亡くなった両親の事は覚えていない。いつか自分で竿燈を上げて、元気な姿を星になった両親に見て貰いたいと思うようになる。
一方、町一番の呉服屋の娘ゆきには鳶職をしていた恋人がいた。身分違いだと親に反対され「七夕までに結納金を稼いで来る!」と北前船に乗り込むが、程なく船が沈んだと報せが届く。「もう忘れろ!」と父親に別の縁談を迫られるが、ゆきのお腹には新しい命が宿っていた。誰にも言えずに悩むゆき。陽太はゆきを励まそうとゆきの家に忍び込み、心を込めて描いた絵を贈ったが、かえって運命の歯車が狂い始める。七夕の夜、願いを込めたねぶり流しの提灯は、果たして空に輝くのか。

入場料(前売券)一般:3,500円 小・中学生:2,500円
当日券500円増し※価格は税込み
会場にぎわい交流館 3階 多目的ホール
馬場彬展 1/9〜2/23

戦後、日本の抽象絵画の主要な作家のひとりとして活躍し、晩年は秋田市で創作活動を行った馬場彬(1932-2000)。画面ごとに異なる表情を見せるグレーを基調とした油彩画を中心に、没後20年を迎えた馬場彬の画業を振り返ります。

入場料一般:310円(前売券) 大学生:210円(前売券)
高校生以下無料
会場秋田市立千秋美術館
藤田嗣治 1/16〜3/7

フランス・エソンヌ県にあるメゾン=アトリエ・フジタが所蔵する藤田が日本滞在中に収集した布や着物を、布が描かれた1930年代の藤田作品とともに紹介。日本人の生活に根ざし、藤田が愛着をもって接していた衣服や小物を展示し、日本人の営みを描いた藤田の画業に、布という工芸品からアプローチします。

入場料一般:800円 学生:500円 シニア:720円
会場秋田県立美術館
会場マップ
会場マップ
チラシ
ここからダウンロードできます
共通駐車券をご利用ください
詳しくはこちら